B帯ワイヤレスマイク選定ガイド

旧規格からの更新/新規導入
かんたん、すぐ使える~プロ品質まで機種別比較

電波法関連法令 無線設備規則の改正により
旧規格のB帯ワイヤレスマイクが使用できなくなります
2004年以前の生産すべてと、2005年生産の一部が対象


2021年8月5日更新】
2021年8月3日、無線設備規則の一部改正と関連告示の改正が公布・施行されました。
2022年12月1日以降には旧規格のB帯ワイヤレスマイクの使用は不可とされていましたが、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等によりその使用期限が「当分の間」延長されることになりました。
延長期限内の旧規格製品については「他の無線局の運用に妨害を与えない場合に限り使用することができる」との条件が設けられています。

電波法改正について

特定小電力無線機器は電波を利用することから電波法で定められた技術基準を満たす必要があります。特定小電力無線機器は電波法令の技術基準に適合していることを証明する「技術基準適合証明・工事設計認証」によって技術基準を満たし、免許をお持ちでない方でもお使い頂けるようになっています。

平成17年に電波法関連法令である無線設備規制において、無線設備のスプリアス発射(必要周波数帯以外に発射される不要な電波)の強度の許容値が改正されました。

弊社ワイヤレス機器についても平成17年の改正以降は、改正後の技術基準で「技術基準適合証明・工事設計認証」を受けておりますが、それまでにご購入頂いたお客様の特定小電力無線機器(改正前に「技術基準適合証明・工事設計認証」を受けた特定小電力無線機器)は、猶予期限として平成34年(2022年)11月30日までしかご使用頂けません。

旧規格の特定小電力無線機器を使用期限を超えて使用した場合、電波法違反になり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になりますので、お早目の買い換えをご検討ください。


【2021年8月5日追記】
2021年8月3日、無線設備規則の一部改正と関連告示の改正が公布・施行され、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等によりその使用期限が「当分の間」延長されることになりました。
延長期限内の旧規格製品については「他の無線局の運用に妨害を与えない場合に限り使用することができる」との条件が設けられています。

※詳細は総務省の電波利用ホームページをご覧ください

旧規格に該当するか確認する

お使いのB帯ワイヤレスマイク(特定小電力無線機器)が旧規格に該当するか、品番・認証番号をご確認ください。
旧規格に該当する場合、お早めに買い替えをご検討ください。

旧規格製品から買い替えや新規購入のご検討に

あなたにおすすめの機種は?


かんたん、手軽にワイヤレスマイクを使いたい 


・はじめてのワイヤレスマイクに
・ゼンハイザーサウンドを手頃な価格で使いたい
・軽くて扱いやすいスライドスイッチのマイクを探している
・小~中規模のライブハウス、会議室、イベントスペース、宴会場
 


おすすめの機種は…

XSW (XS Wireless)

音楽、演劇、スピーチで使うのに必要なものをすべて1つにまとめたゼンハイザーのワイヤレスシステムはとても手軽に扱え、ゼンハイザーサウンドを響かせます―しかも破格で。忙しいステージでさえ、XS Wireless ならすぐにセットアップでき、直感的に扱えるので、ワイヤレスなのを忘れてしまいそうになるでしょう。​

才能はプライスレス。多くの人にきれいなサウンドを届けましょう。


プロフェッショナルグレードのワイヤレスマイクを使いたい


・ワイヤレスマイクをグレードアップしたい
・自分の声に合うマイクでパフォーマンスを高めたい
・たくさんのワイヤレスマイクを安定運用したい
・小~大規模のライブハウス、イベントスペース、ホール・劇場


おすすめの機種は…

evolution wireless G4

ゼンハイザーが培ってきた60年間のアナログ無線設計の経験を基に、約20年前から続くevolutionワイヤレスシリーズ。evolution wireless G4は、G1/G2/G3を経て『4世代目』となる、免許不要のB型ワイヤレスマイクです。​
ライブステージからスピーチまで、用途に合わせて3種類のシリーズから選択可能。あらゆる表現の場にゼンハイザークオリティのサウンドを提供します。旧世代モデルとも完全互換し、システムの部分更新へシームレスに対応可能です​

B帯ワイヤレスマイクシステム比較表

 

  XSW 1 XSW 2 ew 100 G4 ew 300 G4 ew 500 G4
推奨規模 小規模 小/中規模   小/中規模  中/大規模  中/大規模
製品イメージ   XSW2
伝送方式 アナログワイドバンドFM アナログワイドバンドFM アナログワイドバンドFM アナログワイドバンドFM アナログワイドバンドFM

周波数範囲

806.125~809.750MHz 806.125~809.750MHz 806.125~809.750MHz 806.125~809.750MHz 806.125~809.750MHz
周波数切替

29周波数の中から

グループ/chで切替

30周波数の中から125 kHz間隔で切替

30周波数の中から125 kHz間隔で切替

30周波数の中から125 kHz間隔で切替

30周波数の中から125 kHz間隔で切替

同時運用可能数 最大 7 波※ 最大 7 波※ 最大 8 波 最大 8 波 最大 8 波
周波数スキャン機能
送・受信機シンク機能
オーディオ周波数特性 50 - 16000 Hz 50 - 16000 Hz 80 - 18000 Hz 80 - 18000 Hz 80 - 18000 Hz
S/N (dBA)  ≥103 ≥103 ≥110 ≥115 ≥115
アンテナ 内蔵アンテナ 外付けホイップアンテナ 外付けホイップアンテナ 外付けホイップアンテナ 外付けホイップアンテナ
ダイバーシティ アンテナダイバーシティ トゥルーダイバーシティ トゥルーダイバーシティ トゥルーダイバーシティ トゥルーダイバーシティ
送信機電源 単三アルカリ乾電池 x 2 単三アルカリ乾電池 x 2 単三アルカリ乾電池 x 2 単三アルカリ乾電池 x 2 単三アルカリ乾電池 x 2
駆動時間 10時間 10時間 8時間 8時間 8時間
充電池オプション対応 ×  ×
WSMソフトウェア対応  ×  ×  ×
アンテナオプション対応  ×

ハンドヘルド

マイクカプセル

取り外し

 ×  ×
送信機筐体  ABS ABS メタル メタル メタル
手元スイッチ(ハンド型)  縦型スライドスイッチ 縦型スライドスイッチ プッシュ型スイッチ プッシュ型多機能スイッチ  なし
受信機  1ch、又は2ch据置レシーバー  1chハーフラックレシーバー 1chハーフラックレシーバー 1chハーフラックレシーバー  1chハーフラックレシーバー
音声遅延(レーテンシー)  なし なし なし なし なし
※送信機と受信機の距離を5m以上、送信機同士の距離を20cm以上離しての使用に限る

用途別おすすめワイヤレスシステム

小規模な会議室やライブハウス

XSW 1 
XSW 2
ew 100 G4

中規模な会議室やホール

XSW 2
ew 100 G4
ew 300 G4

大規模なホール

ew 300 G4
ew 500 G4

導入事例

イベントホール

ワイヤレスマイクロホンシステムをアップグレード

企業名:レイノルズ・オーディトリアム(米国)
地元のアカペラグループに協力を仰ぎ、Digital 6000を含む複数メーカーの製品でテストを行いました。その結果、2チャンネルのDigital 6000ワイヤレスと4チャンネルのevolution wireless G3を組み合わせ、国内をツアーして回るパフォーマーにも、新進の演劇集団にも信頼される、確かな音響環境を実現しました。
\今すぐお問い合わせをする/